まさかのバイオリン ~バイオリン奮闘記~

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

レッスン13回目

早いもので、バイオリンを始めてちょうど3ヶ月たちました。亀の歩みですが、マイペースでやっていきたいと思います。


レッスンでは、相変わらず同じことを言われ続けています。
まだまだ左手不安定。このまま練習していてもだめかも。進歩してる実感なし。
練習方法がイケテないのかと、家に帰っていろいろググってみたり。どうも、スタンバっているときの指の配置が決まってない、行き当たりばったりになっているのが、原因か。。。で、そこから弦に触れるまでの動きの配線、着地のときの形もできていないって。指が空中で迷子になっている。これ出来ないと、ずっと出来ないままだって。。。恐るべし。。。それぞれ先生によって、メソードがあるみたいですね。


家でやったとおり音大きくしよう思ってやってみたけど、無理に大きくするのもなんか変だと思って、普通に戻した。家では、どこまで大きな音出るんだろうとかどこまで高い音出るんだろうとか、試して遊んで、同居人にはうるさいとか、きもいとか言われますが、レッスンでは、大人しく無茶はせずに、というか本当に身についていることしかできないのです。基礎が大事ということで。頑張ります。










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。