まさかのバイオリン

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

最近の練習


暑い暑い暑い~~!
と言って冷房をガンガン入れると今度は冷えて、体調崩します。
なので温度は下げられない。ちょっと動くと汗。

肝心のバイオリンはいうと、音量をあげなければと、思いっきり圧かけて体当たり。
しばらくやると右手の親指に型付きます・・・また何かおかしいのでしょうか。。。汗汗
そうもいってられないので、とにかくえ~~~い、音大きくしなくっちゃ。


で、また左手ほったらかし・・・・・・・・ではありません。
両手で弾いてます。消しゴム入れて、マスキングテープも貼って・・・これ以上ないサポートで。メンタルサポートでもあります。
弓返す時にガリッ。駒に近づいてギシッ。ほかにも見つかった1の指Hでプツプツ、これ何? Hの時だけプツプツ。Eではならない。プツプツいう弓の場所も同じなんだよね。
弓の置き方によるの? 人差し指の置き方によるの? レッスンでなったら聞けるんだけどな。


宿題の「アマリリス」。これってピチカートで弾かないとしたら、スタッカートで弾くのでしょうか? Youtubeで子どもがスタッカート?みたいなので弾いていたけど。習ってないので保留ですね。「ちょうちょ」も子どもが弾いているのがいろいろたくさんあって、なんとも微笑ましい。大人の生徒さんのは見当たらなかった。微笑ましいで済ませられないから、誰もアップしないのかしらね?・・



今日も見つけた素敵な演奏。夏の癒し。

Renaud Capuçon & Khatia Buniatishvili: Grieg, Sonata for Violin and Piano No.3
 美しいフレンチな2人。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。