まさかのバイオリン ~バイオリン奮闘記~

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

レッスン11回目

レッスン行ってきました。


左手の親指が痛くなるって話を前回していたことで、先生は解決策を用意してくださった。親指と人差し指の間に消しゴムを入れて左手構えてみてと。(消しゴムでなくてもいいんだろうけど)そうすることで親指の第一関節が軽く曲がり、関節が当たらなくなりました。家でもこれで練習します。
あとは、左の肩が上がってないかとか、力んで肘を体の方に引き寄せてないかとか、チェックするようにと。


嬉しいことに、音程はマシになりつつあるようです。このままマスキングテープも使いつつ練習続行します。まだまだメンタル的にも必死過ぎるので、もっと自然にできたらいいのにと思います。



1. 昨日ビデオで撮って見たら、弓の軌道が恐ろしく歪んでいた。修正しないとと思って、家の中掻き探したら、なんと、昔使ってた鏡が出てきた。なんだ、あるんじゃない。で部屋に設置。
なんでこんなに斜めになるか! 斜めに引いている弓はホント不細工だと思う。何にも知らない人が見ても、めっちゃ不細工に見えるんじゃないかな。


やっぱり引き始めの角度からして違うし、途中もなんかおかしくなっていて、わけわかんない。弓を3分割にして練習する意味わかってなかった。先生に毎回注意されていることも含めて、今週特訓かな。


2. レッスンで基礎練習のとき、また弓が震えていた。ダウンの時。気にしないようにしてたら、いつの間にか止まっていたっけ?
家に帰ってやってみたら、震えない。お陰で弓の吸い付き加減が違うと思う。
逆にそっちの意識が薄いから、震えるのだろうか。
家で弾いてるみたいに弾いて。って言われるけど、なかなかそうはいかない。。。


3.曲については、弓の使う長さが足りないところがある。あとあと弓が足らなくなるそうです。足らなくなってるのか・・・自覚なしでした。今度は先生と2重奏です。めっちゃ楽しみ~。



練習時間が十分とれるわけではないけど、嫌なことは克服したいなと思った一日でした。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。