まさかのバイオリン ~バイオリン奮闘記~

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

レッスン10回目

朝からパニック!新しい肩当ての足が取れて、ネジ入んない。弓につけてあった魚の目パッド、小指のところも親指のところも取れた。在庫なし。なんでこんな間際になるの?!


注意事項
1. 弓の持ち方
持ち方のチェックの仕方習いました。新しいバージョン。下向きにしてから270度回転する。やっと親指がくの字になった〜
今までで一番持ちやすいと思う。今のところ、まだキープできてます。


面白いことに横向きに弓を持つ時、親指と小指だけで持てます。他の指は離しても大丈夫。先生もびっくりしてた。でも親指と中指だけで持つと中指攣りそう。


2. 弓が震える
これは、家ではあんまりならないんだよね。
勝手に治るし気にしてなかった。
でもなぜかレッスンで必ずなる。肩を下げることを意識して、と言われる。緊張してるのかと思って息吐いたり吸ったりもするんだけど、イマイチ効果ない。肩下げるのもやってみるけど、それはそれで、妙に力む?ような感じでした。手も強張ってるのかもしれないです。



3. 弓先で返す時、弓のスピード変えない
返す前に一瞬速くなっているらしい。気がつかなかったです。


4. 弓を返す時、右手の動き止めない
ギリギリまで音を鳴らさないといけないのに、止まる時がある。自覚あり。


曲は先生のバイオリンとピアノで合わせました。少し慣れてきた感じ。自分の音も先生の音もクリアに聞こえてきました。よかった〜。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。