まさかのバイオリン ~バイオリン奮闘記~

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

バイオリン 落とした(><)

日曜日の練習のときも気になっていた肩当て。鎖骨にバイオリンが当たるのが気になっていた。肩当がフィットしてないんじゃないかと、高さを変えたり向きを変えたりして、構えていたら、何の拍子か肩当はずれて、バイオリンが床にころ~んと落っこちたのだ。ひっくりかえって顔面打ち付けられている。やっば~い!立って構えていたので、かなり高いところから落ちた。しかもフローリングの床に。見た目どこも損傷はなかったが、なにやらバイオリンの中でころころ動いている。軽くて小さい丸っこい何か部品がとれて中に入ったのか?あの切込み模様の細い隙間から出そうと試みたが、出てくれない。隙間からは形も見えない。先生~ヘルプ~!と思いつつ、弾いてみたら、音程がむちゃくちゃになっていた。でもとりあえず音は出るようだ。音をなおして練習始めてみたものの、疲れて集中できず練習になりませんでした。爆睡。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。