まさかのバイオリン ~バイオリン奮闘記~

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

レッスン7回目

久しぶりのレッスンでした。


左手の親指が痛い件は、肩当をまた直してもらい、
楽器の位置もずれていたみたいで修正し、腕と手が少し楽になりました。
レッスン後に試してみて、自分的には、肘ももう少し内側に入れておかないと
(完全に忘れていた!)手の方に負担がくるのかなと思いました。

今回は先生と2重奏です。
「真っ白になる方もいらっしゃいます」って始める前に言われて、
なんか嫌な予感もちらっとしつつ、とりあえずやってみました。
あれれ????
これ何の曲弾いてるの? 私と先生違う曲弾いてる?みたいな、はちゃめちゃぶり。
コントか!? 先生どんなん弾いてるんだろうって聞いたばかりに、自分のは、何弾いてるかわからずに気が付いたら終わっていました。2回目もほとんど覚えていません。3回目でやっと少し、自分の音聞けたみたいで、できるところは修正もかけられたですが、それにしても、おっかなびっくりな体験、あ~面白かった!


こんどは、ピアノと合わせるんだって。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。