まさかのバイオリン ~バイオリン奮闘記~

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

クレーメル

がんばって練習するっていいながら、夜練習中に寝てしまいます。朝早くに目覚めて、さすがにこんな朝早くから、音出せないし。消音器がいるかな。でもちょっと重そう。


最近は、音がデカくなりました。ギシギシガシガシももう怖くありません。わざとギギギギ言わして遊んでます。欲求不満に陥ってるのでしょうか。。。 



動画でたまたま、クレーメルの「バッハのシャコンヌ」見つけました。
黄金の仏像?の前で演奏してるやつです。クレーメルもお年召されましたね。
昔から、個性的でシャープな感じが好きでしたが、最近は聴いていませんでした。
でも演奏は、さすが、千変万化・目から鱗でした。この「シャコンヌ」はブゾーニが編曲したピアノ曲が有名ですが、手段はバイオリンでもピアノでも、変わらない、クレーメル自身の語り(バッハがこの曲に託した思い)が直接伝わってきて、バッハとクレーメルと私が三身一体のようになった至福の瞬間でした。心洗われた~! イライラ解消!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。