まさかのバイオリン ~バイオリン奮闘記~

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

あはは、いがんでる!

自分のボーイング、どう変に曲がっているのか注意されてその時直しても、ひとりで練習しているうちに、あれ~どうだったっけ?となる。何回も同じこと注意されるのは嫌。
いい加減おぼえないと・・・と、ビデオで撮ってみた。


ほんと、曲がってます。とくにアップの時。上げる方向替えなきゃデス・・・ 
もっと早く撮ればよかったわ。。。間違って練習してたじゃない。。。

弓の持ち方も、変なので、修正しようとしたら、ちゃんと持てなくなってきた。いっそのこと握っちゃおうかしら。だんだんバイオリンも重たくなってきて、とうとう膝の上に置いたよ。膝の上で弓握ってギコギコ。もうやけくそ。とりあえず平行に弾く。上から見るとよくわかるんだけどな~。


音はどうかといえば、録音で聞く音は、弾いているときと全然違う音(音質)がして、わけがわからない。きれいな音とはいい難いけど、どうしたらきれいな音になるかわからない! 
実際弾いているときに聞いている音の方が、音ムラや雑音が聞こえているし、録音の音は、今のところ音程とテンポの確認くらいには、使えそう。


当面は、これで右手修正ですね。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。