まさかのバイオリン ~バイオリン奮闘記~

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

ボーイングの親指って

この間のレッスンで、親指気を付けてください、とやんわり言われた。
レッスンの1回目から親指はどうやら大切らしいことは、うすうす感じていたが、この間、また言われた。「くの字に曲げて」。先週まで弓の小指と親指のところに貼ってあった、魚の目シールを親指だけ外したのだ。ちょうど親指のストッパーみたいな感じになっていたので、親指が深く入りすぎてしまうのをあまり意識しなくても止まっていた。ストッパーがないと、ずぼっと入って止まっているみたいな。


でもなぜ、親指が大切なのか。。親指の役目って? 曲げるのと曲げないの違いは?
さっそく練習しながら試してみた。曲げるのと伸ばすのとでは、曲げた方が、音がまとまる感じがした。指先に神経が通い、弓に腕からの動きが伝わりやすい感じがした。ぼけた音が少しクリアになる感じ。ず~っと親指に意識を向けたままにしておくと、ボーイングのよりどころになって安定するかも・・・とかすかな予感。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。