まさかのバイオリン ~バイオリン奮闘記~

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

ピアノとセットで相乗効果?!

今日は久しぶりにピアノを弾いてきた。もちろんバイオリンも持って出かけた。演奏会に出なくなってからというもの、ホント気楽に弾くようになって、弾き方も随分自由になった。毎日6時間練習していたのも、よく弾けて週2〜3日、弾けない時は、2週間くらいあいてしまう。

フルタイムで仕事をしているので仕方ない。


今回も約2週間ぶりで、また指がふにゃふにやになっているだろうなと予想していたが、まず、指慣らしにバッハのイタリアンコンチェルト。弾いてみると妙に左手の指先の感覚が強くなっていた。右はいつもよりふわふわしている。面白いのでそのまま弾き続けた。音の強さやハリは少し弱いけど、なんとも言えない抜け感がある。私は今までこういう音で弾いたことない、新鮮な音。こんなんどう?って昔お世話になった先生に聞いてもらいたいくらい。

(完全にバイオリンの影響です。これからの変化が楽しみになってきました。)


ひとしきりアレコレ弾くこと3時間、さて、バイオリンを弾いてみよと、バイオリンを取り出し構えた。音階… あれっ 2と3勝手に動いた。命中!⁇⁇ どこも力んでないし、楽〜に勝手に。楽に出来たら、右もやりやすい。そっか、みんなこんなに楽に弾いてるのか。。。それからは、ピアノ弾いては、バイオリン弾き、また力入ってきたら、ピアノを弾き、の繰り返しで、日が暮れました。


この連休は、この作戦で頑張ります!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。