まさかのバイオリン ~バイオリン奮闘記~

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

ご無沙汰してました

いろいろあって


ブログを書けずにいました。


バイオリンのレッスンもお休み状態で


気が付いたら1か月以上も空いてしまいました。




でもまた行ってきました。


お話をしながら楽器を構えてみたり、今までの曲弾いてみたり・・・


大分マシになったけれど、練習していると左肩の内側と腕が痛くなること、鎖骨の端っこに楽器が当たって痛くなることなども見ていただきました。で、顎あてをかえることに・・・ 練習中によく顎から楽器が外れてずり落ちてます(^^ゞ 


弓の持ち方もよくわからなくなっていたんですが、一から教えていただきました。
私のは中指が上がっているとのこと、どういうことかさっぱりわかりませんでしたが、
説明してもらって、形を作ってもらったら、中指に親指が当たる位置が違ってました。
中指の指先がもっと下の方にくるようです。は~~~っやりなおし~~~っ! ちょっとのことでも大分感覚が違います。安定感がある?弓の毛に指先が近くなって振動が指に伝わってくる感じがあります。
弓の返しも「これができるようになると楽になりますよ」って何度も見せてくださいました。はい、今までも何度もみせてもらってます。ずっと前からできるようになりたいと思ってるんですけど~~、私のはちょっと違うんですよね~、なんでかな~~、早くできるようになりたい!


教本の方は、このまま続行かスズキに変えるか・・どうするかとなって、とりあえずしばらく続行することになりました。先生的には新しいバイオリンの方はいきなりジャンプアップがあるからね~って、スズキの方がおすすめみたいな感じでした。変えても全然いいんですけどね。次はハイドンのセレナーデ。いい曲なのに触りだけ(^^ゞで残念ですが、きれいに弾けますように・・・







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。