まさかのバイオリン

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

二進も三進も


今週は、練習課題1つ(音階)と曲1曲、ホーマン数曲と少な目、じっくり取り組めるかと思いきや、まんまと音階で引っかかってしまっています。


2オクターブのGdur、上行形はなんとかいけても、下りてくるときに、A線で指が置きづらい。もちろん音程もおかしくなります。窮屈な1、長すぎる2、動きの鈍い3、短い4とどれも難ありなのですが、私にとってキツイのが、2の中指。長すぎる。。。ネックから近すぎ、指折りたたみすぎて不安定極まりない。そんな状態でふつうに1を置けるわけもなく、横から滑り込ませて置いてます。こんなんありか? 絶対アカンと思うけど(笑)、
1から2を置くのは何でもないのに、2から1が置けない。
指先はその音の方に行こうとするんですが、一音ずつ手の位置や恰好が変わってしまいます。ドツボ・・・
これで4個ずつスラーやれって ムリムリムリ~! 
できたら8個ずつも って これは絶望的。。
なので、せめて2個ずつできるようにしたいと思います。


曲もホーマンも難航中。
ホーマンは一見簡単そうですが、長い音符ばかりで、10回繰り返すとか、集中が切れて途中で休憩してます。メトロノームとチューナーにお世話になりましょう。
でもこの練習、いいかもです。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。