まさかのバイオリン ~バイオリン奮闘記~

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

レッスン25

今週は宿題がたくさん、曲だけで6曲もあって(といってもどれも短い(^^;)大忙しでした。
バイオリンに慣れるという意味なのでしょうか、どんどこ進むので、それならばと私も見れるだけ見ていって、今回で新しいバイオリン教本1巻終わりました。先生曰く『史上最速』って。特に最後の曲はおまけだったと思いますが、先生が一緒に弾いてくださって、感激~~! 横からガンガン音聞こえてくる~、すご~いって、圧倒されて飲み込まれそうでした。


で、今回は、弓震えませんでした。はじめからふつうに弾けて、あれ?って不思議に思ったくらい。先生も開口一番「今日は弓の引き方いいですね」って嬉しいお言葉をいただきました。今週の練習の途中で弓の持ち方がわからなくなった日があって途方にくれましたが、そのあと少し感じがかわって安定してきたかと思います。このまま続けばいいんですけどね。


前回からはじまったG線は、この間力をかけすぎていたので軽めに弾いたら、八分音符は一音一音少し重みもかける、みたいなことを言われました。言葉で言うのは難しいですが、確かに先生の弾くのを見ていたら、よく弓がたわむんです。その瞬間音も響くみたいな。一音一音が響いてないといけないんですね。。。



次回からは、2巻とホーマン。これからは初心に帰ってきっちりやるみたいです。
ホーマンって先生との2重奏(嬉しい(^^♪)、しかもハ長調から始まっている。ピアノみたいですね。練習課題に「10回繰り返す」って書いてあって笑っちゃいましたが、やってみたいと思います。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。