まさかのバイオリン ~バイオリン奮闘記~

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

演奏会聴いてきました

連休中、コンサートに行ってきました。

アンドリス ネルソンス指揮ボストン交響楽団の演奏会でした。前半はギル シャハムさんのチャイコフスキーバイオリンコンチェルト、後半はショスタコービッチ11番。


チャイコのコンチェルトの方は、テンポ早めのスッキリコンパクトでしたが、素晴らしかったです。随分頭の回転の速い方なんだろうなと思いました。というか、楽々の余裕なんでしょうね。

ギルシャハムさんを生で聴くのは初めてでしたが、CDなんかはよく聴いている、とても好きなバイオリニストです。


ショスタコ11番も生で初めて聴きました。強烈な歴史ドキュメンタリー映画を見ているようで、とてもリアル。翌朝まで影響が残っていて、大虐殺の惨事を報道されるんじゃないかという錯覚を一瞬起こしたくらいです。3楽章の永遠の追悼の中で、ビオラの奏でる革命歌が際立って美しかった。

ぶっ通しで1時間があっという間に感じました。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。