まさかのバイオリン ~バイオリン奮闘記~

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

9月25日 練習

しばらく音程をきっちり合わせる練習をしていなかったので、今日は音程を頑張ろうと思った。
ピアノもないし久々にチューナーを使った。
正確な音程をイメージするってすごく難しい。
私の脳は長年ピアノを弾いてきたせいで、音程をとるという部分の回路が欠落している。次の音をイメージするときに、音程ではなくて音色をイメージするという回路が無意識に100%。前の音色に対して次の音色のイメージをする。もちろん音程もくっついてくるが、正確かどうかは問題ではない。イメージと違う音が出ると、拒否反応が出る、前の音に対して次の音へのつながりが切れてしまって、アウト。音程の判断もつかない。チューナーをみると10セントくらいずれている。バイオリンの場合は正確な音程のイメージをつくらないといけない。これが難しい。出てしまってからなんか違う・・・違う音ばっかりでそのうち脳が悲鳴をあげてくる。無視して適当に弾いてたら、耳や脳が嫌がる。紛れ当たりの的中率1%くらいでほとんど間違ったのを聞いていると思う。
頭がしんどいので、弾くのやめてイメトレだけにしたい。ピアノで弾くとバイオリンと音色が違うのでやりにくい。ワガママ放題言ってますが、どこかに、めっちゃ綺麗な音程音色の音階のバイオリンの動画とかないかな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。