まさかのバイオリン ~バイオリン奮闘記~

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

スタッカート

今回の宿題の曲に
スタッカートの練習の曲があって
スタッカートにアクセントのついたのとか
アクセントだけとか
スラーがついているスタッカートとか
スタッカートだけとか
いろいろ出てきます


スタッカートは難しいと先生はおっしゃっていました


スタッカートといっても
どれだけ鋭くきるのか、長めなのか、柔らかいのか、軽いのか、重いのか・・
いろいろあるのは音楽に沿って考えれば当然ですが、
問題はそれを弓でコントロールすることが
難しいんだろうなと思います
私はもちろん何でも難しいけれど、
やっぱり弾ける人でも難しいのでしょうか
スタッカートはピアノの方か断然簡単だと思います
少なくともこのレベルの曲では、初心者でもすぐできるでしょう。
音の長さの調節も、簡単、手を鍵盤から離せばいい
2つ3つくらいなら誰でもできます
けど、バイオリンって弓を弦から離すとか、
そのあとまた弦に置くってすごく難しい 
2つ3つでも・・・キツイです


全部4分音符にスタッカートがついていますが、
これは初心者用だからなのでしょうか
4分音符にスタッカートがついていたら
長めのスタッカートのイメージですが、
アクセントがついている以外、
全部そうなので、
たぶんいろいろどんなスタッカートにするか自分で決めてよい
ということなのでしょうね。
八分音符にスタッカートと休符とか
八分音符と休符だけとか
表記を違えたらわかりやすいのにと思います
原曲の楽譜はどうなっているのかな?


あとスラーがかかっているスタッカートは
ピアノで弾くなら柔らかいスタッカートになりますが、
これは短く切ってもよいのか?


まあ、私は弓の使い方がままならないので
せいぜい2種類くらいできたら御の字かな(>_<)。。。







レッスン27

今回はバタバタと慌ただしく、あまり練習時間が取れずで、お助けマンこと指板シールを貼っちゃいました。やっぱり楽ですね~、音程ストレス半減です(^-^; ずっと貼ったままにしたいくらい。透明のセロファンテープでもいいんじゃないかしら。


音階は先週よりはマシで、大分手が捻れるようになってきたけど、小指の指先をもうちょっとしっかり押さえた方がいいみたいでした。宿題に八分音符が追加されました。私的にはスラーより弾きやすそうです。
アルペジオは、弓の配分に気を付けるように言われました。


曲は、出だしの「ㇾ、ソ」の中指がやりにくく、どうしたらよいかと聞いたところ、完全に別個に取って中指を置きやすいようにおいていいとのことでした。指が長いせいなのか、親指が他の指から遠く離れているせいか(毛糸の手袋が人差し指と親指の間で穴があく)何が悪いのかわかりませんが、慣れるしかないですね。


そうそう、左に集中しているときに、右の指が固まってるらしいです。音が固くなるので気を付けないといけません。


宿題の新しい曲の弾き方をたくさん教わりました。
年末年始のお休みで、3曲ありますが、綺麗に弾けるように
頑張りたいと思います!(^^)!





昨日の練習


悩み①
「音階の下降のときの発音の悪さを何とかしたい」


どうやったらはっきり発音できるのか
せめて上行のときと同じくらいにしたい



いろいろ試してみた
左右別々の練習
指の離し方
置き心地の悪い指をどうするか



ある先生サイトで紹介されていた肘の位置のことを
試してみた


それだけでは、いまいち????だったが
ひとつ気が付いたことがあった


指先と肘、その間に親指の付け根(2番目の関節)と
3か所合わせると少し安定する
音程も取りやすいと感じた
今までより大分マシなんだけどどうなんだろう・・


音階とアルペジオだけでほとんど時間が過ぎてしまったが、


最後に先週の曲と今回の曲を弾いてみると
めっちゃ弾きやすくなってた。
これくらいだと少し音楽的なこともやりたくなるな~。
やっと台に乗っかった感じ。
一発目からこれくらいになってくれるといいんだけどね。


マッサージ

昨日は近くの接骨院にマッサージに行ってきた。
痛い肩と腕。
「これは50肩とちょっと違いますね~。疑問点がいくつかありまして、痛む場所が違うのと腕が90度まで上げられないのはちょっと違うと思います。
使い過ぎて筋肉痛のひどい奴です。普段使わない筋肉を使って、繊維が壊れ、修復ができてないうちにまた使って・・ひどくなってきたんですね。3か月も放っておいたから・・・もっと早く来ていればこんなんすぐ治りましたよ・・何回か間空けずにマッサージを続けたら治ります。今月中になんとかしましょう」


ガーン( ゚Д゚)
確かにマッサージをしてもらって楽になったけれど、ホントに今月中に治るんか?


カイロプラクティックをやっている友人は、
「マッサージでは治らんし、またなるから、軽い負荷かけて筋トレして筋肉つけないとだめ」
という。




レッスン26

今回は、弾きにく~いヨレヨレのまんま見てもらいました。


音階もなんとか4つずつスラーで弾きましたが、4つずつ弓を返すごとに角がついているので、なめらかにするようにと言われました。必死過ぎてそこまで気がまわらなかったのでした。スラーの中の音もヨレヨレしないようにしたいものです。


指が置きづらいことを伝えて、手の形も見ていただきました。人それぞれいろんな置き方をしているので、絶対にしないことだけ教えてもらって、自分のやりやすい方法でよいとのことでした。丸くした手の形にしても、先生とは親指やほかの指の配置や長さが違うし、自分で都合の良い方法をみつけるしかないみたいですね。はじめは違和感があるけど慣れてくるそうです。とにかく人差し指の付け根がいつでもネックから離せるように置くようにとのことで、少し気が楽になりました。


曲も小さなスラーをつなげてクレッシェンドしていくのが難しく、下手するとベターっと全部つながるし、しかも途中でアップとアップのブレス、うまい具合に力が抜けず、カチッと止まるか、だらーっとつながるか、なかなかうまくいきません(>_<) あんまりうまくいかないので、アップで終わって一旦ダウンで下げてアップで無理繰り強行突破したら、しっかりご指摘を受け、だめみたいでした(^-^;。でもディミヌエンドはOKみたい。先生にはその部分のやり方を教えてもらったので、曲の中でできるようにしたいです。


ホーマンは、長い音符で腕を最後までストレッチするようにとの注意をうけました。
E線ばかりで弾き始めが難しく、そ~っと弾いていたら、これもだめみたいでした。
またいろいろ気を付けて練習ですね。。。


宿題は、音階・アルペジオと次の曲。
今度で今年のレッスンは終わりです。
最後のレッスンでは笑顔で終われるように、
ちっと頑張りたいと思います。