まさかのバイオリン ~バイオリン奮闘記~

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。


バイオリンを始めたと同時に書き始めたブログで
わけのわからない、独りよがりなことばかり書いているにもかかわらす、
読んでくださる方もいらっしゃって、ありがたく、また励みになっています。


楽器の習得というのは、木の年輪が細かく細かく増えていくように、
長年かけて心身に刻み込まれていくものなはずなのに、
つい忘れて、思うようにならず、焦ってしまいます(>_<)
この年になれば、無理は禁物だと言い聞かせ、できないことに固執しすぎず、
大らかに構えていきたいものですね。


音楽をするにあたって、楽器を奏でるにあたって、
日々の気づきやアイデアは、泉のように湧いては流れ、
風にのって漂う香りがささやいてくれますが、
その細やかさは、年輪とともに、繊細になってゆくのを
感じます。体力が衰えることの反作用でしょうか・・・
これからの変化や進化を楽しみつつ、
イライラや愚痴も吐き出しながら(ココ大事)
続けていきたいと思います。











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。