まさかのバイオリン ~バイオリン奮闘記~

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

レッスン26

今回は、弾きにく~いヨレヨレのまんま見てもらいました。


音階もなんとか4つずつスラーで弾きましたが、4つずつ弓を返すごとに角がついているので、なめらかにするようにと言われました。必死過ぎてそこまで気がまわらなかったのでした。スラーの中の音もヨレヨレしないようにしたいものです。


指が置きづらいことを伝えて、手の形も見ていただきました。人それぞれいろんな置き方をしているので、絶対にしないことだけ教えてもらって、自分のやりやすい方法でよいとのことでした。丸くした手の形にしても、先生とは親指やほかの指の配置や長さが違うし、自分で都合の良い方法をみつけるしかないみたいですね。はじめは違和感があるけど慣れてくるそうです。とにかく人差し指の付け根がいつでもネックから離せるように置くようにとのことで、少し気が楽になりました。


曲も小さなスラーをつなげてクレッシェンドしていくのが難しく、下手するとベターっと全部つながるし、しかも途中でアップとアップのブレス、うまい具合に力が抜けず、カチッと止まるか、だらーっとつながるか、なかなかうまくいきません(>_<) あんまりうまくいかないので、アップで終わって一旦ダウンで下げてアップで無理繰り強行突破したら、しっかりご指摘を受け、だめみたいでした(^-^;。でもディミヌエンドはOKみたい。先生にはその部分のやり方を教えてもらったので、曲の中でできるようにしたいです。


ホーマンは、長い音符で腕を最後までストレッチするようにとの注意をうけました。
E線ばかりで弾き始めが難しく、そ~っと弾いていたら、これもだめみたいでした。
またいろいろ気を付けて練習ですね。。。


宿題は、音階・アルペジオと次の曲。
今度で今年のレッスンは終わりです。
最後のレッスンでは笑顔で終われるように、
ちっと頑張りたいと思います。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。