まさかのバイオリン ~バイオリン奮闘記~

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

ダンス友達

オリンピックのせいでしょうか、弓がスキーの板に見えてきました。
スキーは長らく滑っていないけれど、また滑りたくなってきた・・・



この間、久しぶりにダンス友達とお茶してきました。
カウンターしかない小さなお店だけど、で~っかいシフォンケーキが自慢です。
温かくてふわふわ、ソフトクリームも美味しくて
ランチ食後でも余裕でお腹に吸い込まれていきました。



ダンスはしばらくお休みしているんですけど、
お友だちは超ベテランさんで競技会に出てバリバリやってます。
「これが終わったら、男性役やるから、パートナーになってね。レディース組も出られるようになってんで!」
「五十肩治ってたらね~」
「腕は背中と脇でキープしたら大丈夫だから」
「・・・(´゚д゚`)」
どうなることやら・・・







ご無沙汰してました

いろいろあって


ブログを書けずにいました。


バイオリンのレッスンもお休み状態で


気が付いたら1か月以上も空いてしまいました。




でもまた行ってきました。


お話をしながら楽器を構えてみたり、今までの曲弾いてみたり・・・


大分マシになったけれど、練習していると左肩の内側と腕が痛くなること、鎖骨の端っこに楽器が当たって痛くなることなども見ていただきました。で、顎あてをかえることに・・・ 練習中によく顎から楽器が外れてずり落ちてます(^^ゞ 


弓の持ち方もよくわからなくなっていたんですが、一から教えていただきました。
私のは中指が上がっているとのこと、どういうことかさっぱりわかりませんでしたが、
説明してもらって、形を作ってもらったら、中指に親指が当たる位置が違ってました。
中指の指先がもっと下の方にくるようです。は~~~っやりなおし~~~っ! ちょっとのことでも大分感覚が違います。安定感がある?弓の毛に指先が近くなって振動が指に伝わってくる感じがあります。
弓の返しも「これができるようになると楽になりますよ」って何度も見せてくださいました。はい、今までも何度もみせてもらってます。ずっと前からできるようになりたいと思ってるんですけど~~、私のはちょっと違うんですよね~、なんでかな~~、早くできるようになりたい!


教本の方は、このまま続行かスズキに変えるか・・どうするかとなって、とりあえずしばらく続行することになりました。先生的には新しいバイオリンの方はいきなりジャンプアップがあるからね~って、スズキの方がおすすめみたいな感じでした。変えても全然いいんですけどね。次はハイドンのセレナーデ。いい曲なのに触りだけ(^^ゞで残念ですが、きれいに弾けますように・・・







アンサンブル体験

この前のレッスンの後、はしごでアンサンブルクラスの体験に行ってきました。



初めての場所でぐるぐる迷い、開始時間ぎりぎりの滑り込みセーフ。


メンバーは、バイオリン6人、チェロ4人に 若い女性の先生です。


大丈夫かなと不安でしたが、何とか最後まで落ちずにいけました(^-^;


みんな初心者なのかしら? 私も含め微妙にいろいろな音が混じっているし、6泊伸ばす音で弓が足らなくなったり、小指をなるだけ使わない作戦とか、自分のハプニングとそのやりくりが楽しかった。1時間半があっという間でした。


まだ開講して2回目だったみたいで、来月も同じ曲をするそうです。続けてみようかな・・ 次までにもうちょっと弾けるようになると思う。










レッスン28

年末年始のお休み中は、これ幸いと時間の限り音楽三昧でしたが、また普段の日常が始まってしまいました。そんな中、今年最初のレッスンに行ってきました。


まず、ホーマンから。E線ばかりの2分音符全音符の課題、長い音符が続くって結構集中力がいります。緊張しすぎたらどこかしら固くなるし、固くならずに集中し持続する。まだまだです。レッスンでは先生が下のパートを弾いてくださるので、さすがに曲らしくなって弾きやすいですね。次から四分音符。また10回繰り返しの課題がたくさん( ゚Д゚)・・すっ飛ばしそう・・・


音階とアルペジオ。毎日弾いているにもかかわらず、上達していないと思われます。。。相変わらず弾きにくいです。


「5月のうた」、途中のクレッシェンドはあらかじめやり方を教えてもらっていたのに、練習したんですけど、うまくいかなかいんですよね。あまり大きくならない(^-^; クレッシェンドのあとも危ういので、気持ち少しにしておきました。拍子も3/4や6/8ってやっぱり難しいんだな・・・  元での返しのところで詰まってしまうというか、切れてしまうというか、何とも言えない不自由感があります。休み中、一生懸命練習しましたが、これ以上頭打ちって感じでした。


「メヌエット」スタッカートの練習。はじめてにしては、よく頑張りました。アクセントありとなしとか柔らかめとか、違いはつけたつもりです。でもまだ必死で力が入っています。とにかく弓を離して置くときにどうしてもバウンドしてしまう。それを無理繰り、えいって押さえるから、疲れます(^^ゞ はやく楽に弾けるようになりたい~。


3曲目「・・・・」題名なんだったっけ?(>_<)  牧歌的な歌です。1泊でアップでもどすとき、もう少したくさん戻すことと、その時に音がかすれないように人差し指で圧を少しかけてとの注意をいただきました。これも3拍子ですが、「5月のうた」よりは弾きやすいと思いました。


ということで、次に進みますが、復習はしておきたいと思います。
今度は8分音符のスラーなしの曲2曲。ガラッと雰囲気が変わって活発な曲、先生みたく『歯切れよく』を目指して、頑張ります。







遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。


バイオリンを始めたと同時に書き始めたブログで
わけのわからない、独りよがりなことばかり書いているにもかかわらす、
読んでくださる方もいらっしゃって、ありがたく、また励みになっています。


楽器の習得というのは、木の年輪が細かく細かく増えていくように、
長年かけて心身に刻み込まれていくものなはずなのに、
つい忘れて、思うようにならず、焦ってしまいます(>_<)
この年になれば、無理は禁物だと言い聞かせ、できないことに固執しすぎず、
大らかに構えていきたいものですね。


音楽をするにあたって、楽器を奏でるにあたって、
日々の気づきやアイデアは、泉のように湧いては流れ、
風にのって漂う香りがささやいてくれますが、
その細やかさは、年輪とともに、繊細になってゆくのを
感じます。体力が衰えることの反作用でしょうか・・・
これからの変化や進化を楽しみつつ、
イライラや愚痴も吐き出しながら(ココ大事)
続けていきたいと思います。