まさかのバイオリン

まさか、バイオリンを習うことになるなんて、夢のよう。バイオリンってあの美しい音色に憧れていたけど、触ってはいけないようなものだった。生まれ変わったらぜったいバイオリンしたい、と思っていたけど、もう始めちゃったよ。。。 

昨日の練習


悩み①
「音階の下降のときの発音の悪さを何とかしたい」


どうやったらはっきり発音できるのか
せめて上行のときと同じくらいにしたい



いろいろ試してみた
左右別々の練習
指の離し方
置き心地の悪い指をどうするか



ある先生サイトで紹介されていた肘の位置のことを
試してみた


それだけでは、いまいち????だったが
ひとつ気が付いたことがあった


指先と肘、その間に親指の付け根(2番目の関節)と
3か所合わせると少し安定する
音程も取りやすいと感じた
今までより大分マシなんだけどどうなんだろう・・


音階とアルペジオだけでほとんど時間が過ぎてしまったが、


最後に先週の曲と今回の曲を弾いてみると
めっちゃ弾きやすくなってた。
これくらいだと少し音楽的なこともやりたくなるな~。
やっと台に乗っかった感じ。
一発目からこれくらいになってくれるといいんだけどね。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。